【大人の女子旅やデートに】葛飾区柴又で下町散策

下町での食べ歩きって日本独特の文化でなんだか楽しいですよね。
都心から近く、少し落ち着いてゆったり散策したい大人なあなたへオススメなスポット、それが柴又。映画「男はつらいよ」の舞台にもなった葛飾区柴又ですが、作品を見たことがない方でも存分に楽しむことができます。

都心からのアクセスも山手線日暮里駅から乗り換え約20分ほどと良好
初めて来てもどこか懐かしい感じがする駅前。


駅前にはもちろん、『寅さん』。

参道には名物草団子やお煎餅、喫茶がずらり

インスタ映えも抜群ですね。


名物は何と言っても草団子。

いくつか買って食べ比べるのもまた良いですね。
よもぎそのものの風味、苦みがしっかり残る大人な味でした。


船橋屋のくず餅も食べ歩きしやすいようになっています。

甘いものの次は焼きたてのお煎餅。
お土産用と1枚ずつ販売の食べ歩き用と分けてくださいます。
甘いものからお煎餅、そしてまた甘いもの…永遠に食べられますね。笑

シンボルである柴又帝釈天題経寺は賑やかな通りからすぐですが厳かな雰囲気で背筋が伸びます。



 

参拝後は帝釈天題経寺から徒歩5分ほどの山本亭もオススメ

入館料はなんとお一人100円。


有形文化財でありながら中では喫茶も楽しめます(500円〜)。



日本庭園を眺めながらお抹茶や和菓子をいただくなんとも贅沢な時間を過ごせます。


江戸切子や印伝、銅版などの伝統工芸品を販売しているのできになる方は是非ご覧ください。
お隣には寅さん記念館もあるので、映画好きな方はチェックしましょう。

参道での楽しい食べ歩きやお買い物、帝釈天(題経寺)へのお参り、
そして日本庭園を見ながらお抹茶。都心からほど近い柴又の観光スポットは全て駅から近いので女性やお子さん連れでも散策が無理なく楽しめます。少し大人な女子旅やデートに是非、柴又へ出掛けてみてはいかがでしょうか。

着物で散策もとても映えそうなので、筆者もまたリベンジしようと思っています。

関連記事一覧